保育士になるには

保育士の資格を取得するには2通りの方法があります。

1つ目は、厚生労働大臣の指定する保育士養成課程を持つ大学、短大、専門学校を卒業して取得します。
2つ目は、これらの学校へ行かないで、保育士試験に合格することで取得できます。

資格所得後に公立施設に就職するには、さらに地方公務員試験や民間の採用試験を受けなければなりません。
勤務先は、9割の人が公立や民間の保育所ですが、その他にも乳児院、児童養護施設などの児童福祉施・厚生施設全般でも働くことができます。

女性の社会進出や、共働きの家庭が増え、保育士は需要も多く、活躍する場は広いでしょう。


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2