小学校教諭になるには

小学校教諭になるには、小学校教員養成課程のある大学や短大などで、定められた科目の単位を修得し、小学校教諭普通免許状を取得しなければなりません。

免許状は、小学校教員資格認定試験に合格して取得したり、通信制大学で取得することもできます。
免許状取得後、各都道府県や私立小学校が実施する採用試験に合格しなければなりません。

少子化により募集が少なく狭き門といわれていますが、教員の平均年齢が上がり今後の人員不足を見込み、採用人数を増やしている都道府県も増えてきています。
採用試験に合格できなかった場合でも、産休や育休などの補充で、非常勤教員として採用されることも多いようです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2