養護教諭になるには

養護教諭になるには、養護教諭普通免許状を取得後、各都道府県や私立学校が行う採用試験に合格しなければなりません。

免許状には1種、2種、専修があります。
4年制大学で養護と教職の定められた単位を修得すれば1種が取得でき、短大や専門学校で養護と教職の定められた単位を修得すると2種が取得できます。
専修は大学院を卒業して取得します。

その他、保健師や看護師免許取得後、文部科学大臣指定の教員養成機関で所定の単位を修得し、養護教諭免許を取得する方法があります。

養護教諭は基本的に各学校1名配置されることが多く、採用人数は少ないです。
採用試験に受からなかった場合でも、育休や産休などの補充で非常勤教員として勤務しながら、次年度の採用試験を受ける人もいます。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2