児童福祉司

スポンサードリンク


児童福祉司のお仕事

児童福祉司とは、児童相談所や児童家庭支援センターに勤務し、乳幼児から18歳未満の子供やその家庭に関する相談などを受け、問題解決のため専門的に助言や支援、指導などを行う仕事です。

相談内容は、いじめや虐待、心身障害、不登校、非行など様々です。

子供や保護者の話を聞き、子供の性格や行動、家庭環境などを調査し、施設、学校などと連携をとりつつ、医師や心理判定員などの協力を得て、最も良い解決策をたてて立ち直れるように支援します。
実情を正確に把握する為にも、子供や保護者の信頼を得ることが非常に重要となります。

児童福祉司になるには

児童福祉司になるには、児童福祉士の任用資格を取得後、公務員試験に合格しなければなりません。

任用資格は、大学で教育学、心理学、社会学を専攻し卒業するか、講習会を修了するか、厚生労働大臣指定の養成機関を卒業すると取得できます。
公務員試験に合格しても、すぐ児童相談所に勤務できることは少なく、一般行政職として採用され、数年間社会経験を積んでから児童相談所に配属されることが多いようです。

児童福祉司

(任用条件)
1.厚生労働大臣の指定する児童福祉司養成学校・施設を卒業した者、または厚生労働大臣指定の講習を修了した者
2.大学で心理学、教育学、社会学を専修する学科、または相当する家庭を修めて卒業した者
3.医師の資格を持つ者
4.社会福祉士の資格を持つ者
5.社会福祉主事として2年以上児童福祉事業に従事した者
6.1~5と同等以上の能力を有すると認められた者で、厚生労働省令で定める者

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2