児童厚生員

スポンサードリンク


児童の遊びを指導する者(児童厚生員)のお仕事

児童の遊びを指導する者(児童厚生員)とは、児童館や児童センター、地域子育て支援センターなどに勤務し、そこに訪れた子供が自主的かつ安全に遊べるように指導や支援する仕事です。

児童厚生員の名称は、平成11年度から「児童の遊びを指導する者」に改正されました。

児童館では、子供たちが安全に遊べる場を提供し、自主性や創造性、社会性を育み、健全に育つように支援します。
主な仕事としては、いろいろな行事を企画し実行したり、工作や音楽、図書を利用して一緒に子供たちと遊んだり、またその指導などを行います。

保護者からの育児相談に対応したり子育て支援活動を行うこともあります。
児童クラブを併設した児童館の場合は、児童クラブ指導員を兼任することも多いようです。

児童の遊びを指導する者(児童厚生員)になるには

児童の遊びを指導する者(児童厚生員)として児童館に勤務するには、任用資格が必要となり、公務員として勤務する場合と、自治体や社会福祉協議会の嘱託職員として勤務する場合があります。

公務員として勤務する場合は、資格取得後地方公務員試験に合格しなければなりません。
私立の児童館の場合は、各施設ごとに行われる採用試験を受けます。

児童館の正規職員の募集は少ないですが、非常勤職員や臨時職員の募集はよく行われており、仕事内容は正規職員とほぼ同じです。

また、任用資格以外に児童健全育成推進財団認定の児童厚生員資格という民間資格もあります。

児童の遊びを指導する者(児童厚生員)

■任用資格
(任用条件)
1.厚生労働大臣の指定する児童福祉施設職員養成機関を卒業した者
2.保育士の資格を持つ者
3.高校卒業後、2年以上児童福祉事業に従事した者
4.幼・小・中・高のいずれかの教員免許状を持つ者、または、大学で心理・教育・社会・芸術・体育の学科を卒業した者で、その施設の設置者(都道府県知事等)が認めた者

■問合せ先
財団法人 児童健全育成推進財団
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-1 こどもの城10階
TEL03-3486-5141
その他、各都道府県、市区町村福祉担当課、福祉人材センター

■児童健全育成推進財団認定の児童厚生員資格
資格取得方法
(児童厚生二級指導員)
1.「ブロック別児童厚生員等研修会」を修了し、不足科目を都道府県の研修会等で補講する。
2.「児童厚生員等研修会」で必須科目を履修する。
3.児童健全育成推進財団(以下、財団とする)が認定する児童厚生員養成校において当該資格に必要な単位を取得する。

(児童厚生一級指導員)
1.「児童厚生二級指導員」の認定要件を満たし、3年以上の実務経験を有し、財団主催の「ブロック別中堅児童厚生員等研修会」を修了する。
2.財団が認定する児童厚生員養成校において当該資格に必要な単位を取得する。

(児童健全育成指導士)
1..「児童厚生一級指導員」の認定要件を満たし、5年以上の実務経験を有し、財団主催の「全国児童厚生員指導者養成研修会」を修了する。
2.1に加えて、「日本児童育成学会」に入会し、実践論文を提出する。

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2