臨床心理士になるには

臨床心理士になるには、臨床心理士養成の指定大学院・臨床心理学専攻を修了し、必要な実務経験を積んだ後、臨床心理士資格試験に合格しなければなりません。
資格取得後、公務員試験や各施設の採用試験を受験します。

資格取得後も5年ごとに更新審査があり、臨床心理能力を維持する為の研修・研究が義務づけられています。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2