児童指導員

スポンサードリンク


児童指導員のお仕事

児童指導員とは、児童養護施設や障害児施設などに勤務し、そこで生活する子供たちの指導や支援を行う仕事です。

児童養護施設では、基本的な生活習慣を身につけるためのしつけや学習指導、スポーツなどを通して社会のマナーやルールも教えていきます。
授業参観や保護者会に参加したり、身の回りの世話や心のケアをするなど、親代わりとしての役割も担います。

障害児施設では、障害を持つ子供たちの自立にむけて、食事や入浴など生活習慣全般の指導や支援を行います。

心身ともに健康で、責任感が強く、深い愛情を持って子供たちに接することができる人が求められます。

児童指導員になるには

児童指導員になるには、児童指導員任用資格を取得する必要があります。

資格取得後、公立施設の場合は、地方公務員試験、民営施設の場合は、各施設ごとの採用試験に合格しなければなりません。
児童福祉施設の場合は、社会福祉士の資格もあれば就職に有利となります。

施設によって雰囲気や子供たちの様子も様々で、まずボランティアとして働き、施設や子供たちの様子を知るというのもよいでしょう。

児童指導員

■任用条件
1.地方厚生局長の指定する児童指導員の養成施設を卒業した者
2.大学の学部で、心理学・教育学・社会学のいずれかを修めて学士と称することを得た者、または心理学・教育学・社会学に関する科目の単位を優秀な成績で修得して大学院への入学を認められた者
3.小学校・中学校・高等学校・中等教育学校のいずれかの教員免許を取得し、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認めた者
4.高校を卒業して2年以上児童福祉事業に従事した者、または3年以上児童福祉事業に従事して厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認めた者

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2