児童自立支援専門員・児童生活支援員

スポンサードリンク


児童自立支援専門員・児童生活支援員のお仕事

児童自立支援施設とは、不良行為をした児童または将来不良行為を行うおそれのある児童、家庭環境その他の環境上の理由により生活指導が必要な児童が入所または保護者の元より通う施設で、児童自立支援専門員・児童生活支援員は、児童の生活指導を中心に自立に向けた支援をする仕事です。

児童自立支援施設では、児童は施設内の学校に通い、入所児童は寮で生活をするので、児童自立支援専門員・児童生活支援員は児童の親代わりとして、寮で寝起きをともにします。

児童自立支援専門員の主な仕事は、児童が生活する寮の運営、児童それぞれの自立支援計画を作成し、それに沿った支援、関係機関との連絡などがあります。

児童生活支援員の主な仕事は、母親的な役割を担い、生活習慣の指導や児童の生活全般に関するケアなどがあります。

児童自立支援専門員・児童生活支援員になるには

児童自立支援専門員になるには、所定の条件を満たし児童自立支援事業の実務経験を積むか、国立武蔵野学院付属児童自立支援専門員養成所に行き、児童自立支援専門員の任用資格を取得する必要があります。

児童生活支援員になるには、保育士の資格を取得するか、3年以上の実務経験を積み厚生労働大臣か都道府県知事の認可を受けて、任用資格を取得する必要があります。

ほとんどの児童自立支援施設は国公立である為、資格取得後公務員試験に合格しなければなりません。

児童自立支援施設の子供たちと心を通わすのは安易な事ではなく、子供に信頼されるには大変な努力も必要です。
根気強く子供と向き合い、やさしく思いやり、すべてを受け入れてあげれるくらいの心の豊かな人が求められるでしょう。

児童自立支援専門員・児童生活支援員

■児童自立支援専門員の任用条件
1.児童自立支援専門員養成学校、その他の養成機関を卒業した者
2.大学で、心理学、教育学、社会学を修め、卒業後1年以上児童自立支援事業に従事した者
3.高校を卒業した者、もしくは通常課程による12年の学校教育を修了した者、または同等以上の資格を持つ者で、3年以上児童自立支援事業に従事した者
4.小・中・高校の教員免許状を有し、1年以上児童自立支援事業に従事した者
5.児童自立支援事業に特別の学識経験を有する者で、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認めた者

■児童生活支援員の任用条件
1.保育士の資格を有する者
2.3年以上児童自立支援事業に従事した者で、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認めた者

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2