助産婦

スポンサードリンク


助産師のお仕事

助産師とは、病院や助産院で正常分娩の出産の介助をはじめ、妊娠から産後までの母子の保健指導をする仕事です。

妊産婦は精神的に不安定になり易いので、優しく相談に応じ不安を取り除けるよう的確なアドバイスをすることも重要な仕事の一つです。

助産師は、外科手術などの医療行為はできない為、妊娠中や出産時に異常を発見した場合は、すぐ医療機関と連携をとり医師の指示をあおがなければなりません。
母子の安全確保の為、専門的な知識や技術はもちろん、迅速かつ適切な判断力と対応能力が必要になります。

助産師になるには

助産師になるには、看護師養成機関で3年間の看護課程を修め、さらに1年間助産課程を学んだ後、助産師国家試験に合格しなければなりません。
助産師になれるのは、現時点では女性に限定されています。

最近、自然分娩を希望したり、助産院ならではの精神的な面の行き届いたケアを求める妊産婦が増えており、助産師の仕事が注目されつつあります。
経験を積み、独立開業するケースも多く見られます。

助産師

■受験資格
看護師国家試験合格者、または看護師国家試験の受験資格を持つ者で、次のいずれかに該当する者
1.文部科学大臣の指定した学校で6ヶ月以上、助産に関する学科を修めた者(修業見込みの者を含む)
2.厚生労働大臣の指定した助産師養成所を卒業した者(卒業見込みの者を含む)
3.外国の助産師学校を卒業し、または外国において助産師免許を得た者で、厚生労働大臣が1.2.と同等以上の知識と技能を有すると認めた者

■試験内容
1.基礎助産学
2.助産診断・技術学
3.地域母子保健
4.助産管理

■問合せ先
厚生労働省医政局医事課試験免許室
〒100-8916
東京都千代田区霞ヶ関1-2-2
TEL03-5253-1111(代)

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2