子供パソコン教室講師

スポンサードリンク


子供パソコン教室講師のお仕事

子供パソコン教室講師とは、子供を対象にパソコンの操作方法や知識、パソコンを利用した学習方法などを教える仕事です。
幼児を対象としたコースでは、パソコンに親しむことを目的として、パソコンを使った遊びなどをしたり、小・中学生のコースでは、学習用ソフトを用いて勉強したり、パソコンの基本的操作からプログラムの作成など、幅広い指導を行います。

パソコンメーカーや個人のパソコン教室で講師を務めたり、FC(フランチャイズチェーン)事業を展開する会社に加盟して、パソコン教室を運営するなど、勤務形態はさまざまです。

以前は、ビジネスマンやOLがスキルアップなどの為に、パソコン教室に通うケースが多かったが、現在は小学校でもパソコンはさかんに取り入れられるようになり、書道教室や塾に通うのと同じようにパソコン教室に子供を通わせる親が徐々に増えています。

子供パソコン教室講師になるには

子供パソコン教室講師になる為の必ず取得しなければならない資格や免許はありません。
しかし、マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー(MTO)やマイクロソフトオフィススペシャリスト(旧MOUS試験)の資格を取得していたり、パソコン検定の上位級があれば、就職に有利となるでしょう。
専門学校などで、パソコンに関する基礎知識や営業に関する基礎知識、インストラクター技法などを身につけるのもよいでしょう。

主な就職先としてはパソコン会社やパソコンスクールなどがあり、また派遣会社に登録して派遣講師として活躍することもできます。
その他、FC加盟をしてパソコン教室を運営しながら講師をするというパターンもあります。

IT社会、IT教育が進む中、パソコン講師の需要はますます高まるでしょう

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2