子供絵画教室指導者

スポンサードリンク


子ども絵画教室指導者のお仕事

子ども絵画教室指導者とは、絵を描く楽しみや手法を教え、子供の表現力、集中力、想像力などを引き伸ばす仕事です。
子供たちが、のびのびと絵を描けるように子供たちの自由な発想を尊重しながら、絵画の基本や手法なども工夫をこらして指導していくなど、柔軟な対応が求められます。

主な活躍の場としては、民間企業が運営する絵画教室やカルチャースクールのほか、個人で教室を開く人もいます。

情操教育の一環として幼児期より絵画を習わせたいと考える親が増えており、今後ニーズは高まると考えられます。

子ども絵画教室指導者になるには

企業が運営する絵画教室に勤める場合、一般的に美術系の大学や学科を卒業したことを採用条件にあげているケースが多いです。
美術教諭の免許状を取得していると、就職に有利でしょう。

個人の絵画教室は、画家や画家志望の人が副業として教室を開くことが多いようです。

美術の専門的知識とともに、子どもの個性を活かせるような柔軟な指導力が必要とされます

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2