野外教育指導者

スポンサードリンク


野外教育指導者のお仕事

野外教育指導者とは、子供から大人までを対象に、それぞれの目的に応じて野外教育活動のプログラムの企画や運営を行う仕事です。

野外教育活動は、自然の中で非日常的な経験を通して、子供たちの協調性や自主性、社会性などを養うことを目的として行われています。
プログラムの内容としては、アウトドアスポーツをはじめ、自然の中での工作・遊びや演奏会、動植物や星空の観察などさまざまなものがあります。

野外教育教育指導者は、プログラムの参加者が安全かつ、楽しくのびのびと自然体験できるよな知識と指導力が必要とされます。

野外教育指導者になるには

野外教育関係の資格には、キャンプ指導員やレクリエーションインストラクター、自然観察指導員、森林インストラクター、自然学校指導者などがあり、これらの資格がなくても野外教育指導者の仕事に就くことはできますが、専門的な知識を身につけるためにも資格を取得しておく方がよいでしょう。

自然教育施設やキャンプ施設など法人団体が主な就職先となり、採用条件等も各団体ごとに異なります。
一般的に4年制大学を卒業していることを条件にしているところが多いようです。
ボランティアとして活動している指導者も多く、採用数も少ないのが現状です。

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2