ベビーシッター、チャイルド゙マインダー

スポンサードリンク


ベビーシッター、チャイルドマインダーのお仕事

ベビーシッター、チャイルドマインダーとは、自宅や依頼者宅、保育施設などで、必要な時間だけ子供を預かり、忙しい両親に代わり保育したり、遊びのお世話するを仕事です。

ベビーシッターは、幼児から小学校低学年までを対象とし、原則として育児以外の業務はしません。
チャイルドマインダーは、幼児から12歳くらいまでを対象とし、子供に関するすべての業務に適応し、事業開設ができます。

子供好きであることはもちろん、しつけや教育に関する事から、ケガ・病気の応急処置まで、幅広い知識・能力が求められます。

ベビーシッター、チャイルドマインダーになるには

ベビーシッターになるには、(社)全国ベビーシッター協会の研修を修了し、ベビーシッター認定試験に合格すると認定資格を取得できます。
資格が無くてもベビーシッターの仕事に就くことはできますが、依頼者からの信頼も高まるので資格を取得しているとよいでしょう。
主な就職先としてベビーシッター派遣会社がありますが、契約社員やアルバイトとしての採用が多いようです。
自宅や保育施設のほか、ホテルや病院、デパートなどでもベビーシッターのニーズは増え、活躍の場は広がっています。

チャイルドマインダーになるには、NCMAJapan(ナショナルチャイルドマインディングアソシエーションジャパン)の養成セミナーを受講し、チャイルドマインダー検定試験に合格しなければなりません。
資格取得後、保育施設や、子供関連の教室などを事業開設することができます。

それぞれの資格のほか、保育士の資格もあれば役に立つでしょう。

働く母親が増え、ベビーシッター、チャイルドマインダーの需要は高まっています。


edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2